MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

アクションカメラを使ってみたい!
でも、GoProは高いから何か他のもの無いかしら……と探していた時に僕の前に現れて通称”GoProもどき”。

MUSON MC2 Pro1。なんだかんだもう1年以上使用中。
数万円するGoProと比較すると圧倒的に安価で、数千円で買えちゃいます。

アクションカメラを使ってみたいけど、それほどガチで使うわけでもない僕のような人間にはちょうど良いアイテム。
数万ってなると妻に口実必要だけど数千円なら手出しやすいし……万が一使いものにならなくってもまあ泣かないでも済む価格だし……なんて軽い気持ちでポチッとしたわけです。

使ってみれば、いやはやコスパのよろしいこと。
画質そこそこ綺麗ですし、外部マイク対応で、アクセサリー豊富で、付属の防水ケースにいれれば水中撮影もできちゃって……なんて息継ぎ無しには語ることのできないくらいメリットたくさん。

戸惑うところはありつつも、気に入っているMUSON MC2 Pro1。
試し撮りしたものもあるので、参考までに動画も載せつつレビューします。

1万円弱で買えちゃうアクションカメラ「MUSON MC2 Pro1」

ちょっと動画撮影にハマったりしまして。
趣味の釣りの様子を撮影してYouTubeなんかで配信したいなぁ、なんて。

スマートフォンでも綺麗な映像が撮れたりするんですが、片手が塞がってしまうのでなんとかならないかと探したのがアクションカメラ。
代表的なのはGoProですが、ちょっと試してみたいというガチ勢じゃないわたくしにはちょっと高価。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

そこで購入したのが「MUSON MC2 Pro1」。
購入したのはもう1年程前のことですが、8千円台で購入しました。

4K高画質対応でEIS電子手ぶれ補正やWi-Fi搭載。
さらに外部マイクも対応でアクセサリーも豊富というアクションカメラです。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

専用収納ケース付きなので持ち運びも安心。
このケースを開けば登場するのが……。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

ゴチャッとした同梱品(笑)。
主役であるカメラが占めるスペースはほんの僅か。他はバッテリーやアタッチメントなんかのアクセサリーです。

さて、ひとつひとつ全部は見ていけませんが、レビューしていきましょう。

4K対応のアクションカメラ「MUSON MC2 Pro1」

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

こちらがアクションカメラ「MUSON MC2 Pro1」。
幅僅か6cm弱!携行性に優れたコンパクト設計のカメラ。手に持つとその小ささがよくわかりますねぇ。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

別売りのメモリーカードを装着して撮影。32GBです。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

2.0インチの液晶モニター搭載。撮影した映像を確認することも可能。
アクションカメラを触ったことの無いわたくし。最初は操作方法に戸惑いましたが、次第に慣れました。

カメラのスペックをまとめると下記のような感じ。

  • 画面サイズ:2インチ
  • レンズ:6Gレンズ・170°広角
  • 動画解像度:4K 30/4K25 EIS/2K30 EIS/1080P60 EIS/1080P30 EIS/720p 120 EIS
  • 画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M
  • 手ぶれ補正:対応
  • 撮影モード:ループ録画、タイムラプス、スローモーション、セルフタイマー、連写、車載モード
  • 多機能:WIFI機能、自動電源オフ、日付スタンプ、画面回転、スクリーンセーバーなど
  • 動画フォーマット:MOV
  • 電源周波数:50Hz/60Hz
  • 音声録音:対応
  • 端子:Micro USB/HDMI/外部マイク
  • 外部マイク端子:2.5mm2極
  • 寸法:59.3×24.6×41.1mm(L*W*H)
  • 言語:日本語/英語/韓国語/中国語など
  • バッテリー容量:1200mAh(バッテリーが二つ付属)
  • メモリーカード:32Gまで対応(別売り)

この「MUSON MC2 Pro1」で撮影した映像が下の動画です。
想像していたより映像が綺麗。この値段でここまで撮れるなら文句無いかと。

「MUSON MC2 Pro1」に付属の豊富なアクセサリー達

収納ケースを開いた時点でわかりますが、「MUSON MC2 Pro1」の特徴の一つが豊富な付属アクセサリーの数々。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

どれをどう使ったら良いのやら……と途方に暮れるくらいの量(笑)。
説明書にセッティング例があるので、参考にして始めてみるのがよろしいかと。付属のアタッチメントを使えば、自転車なんかにもすぐ設置できちゃいます。

同梱品は下記の通り。

  • 防水ケース 
  • ボルダ
  • 延長アーム1
  • 延長アーム2
  • 延長アーム3
  • カメラマウントアダプター
  • ヘルメット固定
  • サポートペルト
  • USBケーブル
  • バッテリー充電器
  • バッテリー
  • クリーニングクロス
  • 結束バンド
  • スリット付バックドア
  • ハンドルパイプマウント
  • クイックリリースバックル
  • ネイキッドフレーム
  • フレーム用クリップアダプター
  • リモコンバッテリー 
  • 外部マイク

ちなみに先ほどの動画では、帽子に付属のクリップでカメラを装着して撮影。
傾いてしまったりはありますが、付属のアタッチメントで色々できるのが嬉しいところです。

バッテリーが2つ付いていたり、外部マイクが付属されていたりと至れり尽くせり。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

愛用している三脚「Smatree SmaPole Q3」にも楽々装着。
これで固定視点からも撮影できますね。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた
前回の記事に書きましたが、RICOH THETA S(リコー シータ エス)を購入する段階で自撮り棒が必要になりました。そのまま手で持って撮ってしまうと手が写ってしまいますからね。…

リモコンが付属されているのに加え、専用アプリ「LIVE DV」をダウンロードすればWi-Fiで接続してスマホから操作可能です。便利ね。

深さ30メートルまで対応!付属防水ケースで水中撮影可能な「MUSON MC2 Pro1」

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

「MUSON MC2 Pro1」を購入したら試してみたいのが、水中撮影。
付属防水ケースに入れることで水中撮影可能となります。深さ30メートルまで対応。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

ビシッと密閉された防水ケースの中のカメラ。
最初に水中に投入する際は浸水しないかとドキドキしましたが、カメラには水滴すら付いておりませんでした。安心。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

ちなみに、防水カメラというだけあり、開閉部分が結構固いです。
構造がよくわからなくなって開け方がわからなくなりますが、写真のように外れます。

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

釣りの際に撮影してみた水中映像。
GIFで軽量化しているため画質は荒くなっておりますが、フグがたくさんいるのがわかるかと思います。

真冬の館山で長潮堤防夜釣り!ムラソイにドンコ…フグ猛襲?|MOSS FISH

釣り糸の先にカメラを結びつけて撮影しましたが、クルクルとカメラが回ったので工夫が必要ですね(笑)。
何にしろ、普段見れることの無い水中の映像が簡単に見れるのは楽しいですね!

「MUSON MC2 Pro1」を1年使ってみての感想

MUSON MC2 Pro1を使い始めて早1年…今更レビューしてみた

「MUSON MC2 Pro1」を使い始めてから、なんだかんだで1年が経過。
これまで使ってきて特に文句無いんですよね……もう少しバッテリーがもってくれたらなぁとかはあるのですが、バッテリー2つ付いていますし。

ただ、付属のアクセサリーの中で、アタッチメントはほとんど使っていません(笑)。
上の写真のアイテムがスタメンです。

アタッチメントの量減らしてもらって良いので、ヘッドセット付けてくれたら嬉しい……とか欲望は尽きませんが、基本的には文句なし。
これからも活躍してもらおうと考えております。よろしく。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ガジェット グッズ

コメントを残す

*