YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

自分で自分の動画を「著作権侵害だ!」って削除申請する人なんていないでしょう……。

YouTubeから届いた「著作権侵害による削除通知があったため、次の動画を YouTube から削除しました。」とのメール。
YouTube Studioで確認してみると、著作権侵害の警告が表示され、動画が2つ削除されておりました。

が、おかしいのですよ。
削除された動画のURLを叩いてみると、「ishikawaによって削除されたコンテンツ」の一文。ishikawaって、僕です。

さらに、著作権侵害の警告では申立人に撤回を求めるメールを送信できるように、申立人のメールアドレスがわかります。
が、表示されたのは僕のメールアドレス。もう何が何やら。

当然、自分で自分の動画を著作権侵害だと申し立てした記憶はございません。
一点、思い当たることと言えば、一度動画を別のユーザにパクられて、著作権侵害の申し立てをした際にシステムエラーでうまくいかず、YouTube側とメールのやりとりで申し立てをしたのですが、その際にミスがあったか……。

何にしても、動画が削除されていて見れないのは不満なので、色々と対応。
その経緯を、綴ってみます。

YouTubeで著作権侵害の警告を受けた

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

YouTube Studioにアクセスすると、「著作権」というナビゲーションが左側にあります。
ここに、YouTubeが見つけ出してくれた自分のチャンネルの動画をパクったであろう動画が並び、確認して「著作権侵害だ!」と思ったら、そこから著作権侵害の申し立てができます。

その結果、YouTubeからパクリ動画が消されるわけです。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

人気が無くて貧弱な僕のチャンネルの動画ですら、これまで何度もパクられています。
以前は前述の「著作権」機能がなかったのでパクリ動画を消してもらうのが手間で面倒だったのですが、それも今はだいぶ楽になりました。

そんな著作権侵害の申し立てをする側だった僕のもとに届いた著作権侵害の警告。
著作権侵害による削除通知があったため、次の動画を YouTube から削除しました。」なんてメールが届いたわけです。

意味不明…著作権侵害の警告を受けたのも著作権侵害の申し立てをしたのも自分?

著作権侵害をした覚えは無かったので疑問に思いながらYouTube Studioにアクセス。
メールの通り、「アクティブな著作権侵害の警告」というアラートが表示されておりました。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

あなたの動画に著作権を侵害する素材が含まれていると考えられるため、著作権者から動画の削除を要請されました。

その結果:
・この動画は YouTube から削除されました
・このチャンネルは違反警告を受けました

著作権侵害の警告を 3 回受けると、アカウントとそれに関連付けられているチャンネルが停止されます。

対応策
・何もしない。コピーライト スクールの受講を完了すれば、著作権侵害の警告は 90 日で期限が切れます。
・撤回をリクエストする
・異議申し立て通知を送信する
動画を削除しても違反警告は解除されません。

おおぅ……理由がさっぱりわからないけど削除されるのはきついなぁ。
試しに動画のURLを叩いてみると……。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

確かに表示されてない。
けど、表示されている一文が謎。「この動画は、ishikawaから著作権侵害の申し立てがあったため削除されました」って……ishikawaって俺やんけ。どうなってんの。

自分で自分の動画を著作権侵害だと申し立てするわけもなし。
意味がわからないまま再度YouTube Studioへ。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

YouTube先生が教えてくれた対処方法は、

  • 何もしない。コピーライト スクールの受講を完了すれば、著作権侵害の警告は 90 日で期限が切れます。
  • 撤回をリクエストする
  • 異議申し立て通知を送信する

です。

理由がわからないので「何もしない」はありえません。
90日で警告が切れるようですが、その間動画は削除されたままでしょうし……。

そうすると、「撤回をリクエストする」「異議申し立て通知を送信する」の2つ。
まずは「撤回をリクエストする」を進めてみることに。

「操作を選択」をクリックして「申立人に問い合わせる」と選んでみると……。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

申立人のメールアドレスが表示されます。
が、このメールアドレスも僕のもの……。著作権侵害警告を受けた今回のYouTubeチャンネルで使っているメールアドレスです。

最初は同じユーザ名の人が申し立てしたのかと思いましたが、ユーザ名もメールアドレスも一緒となると、著作権侵害の申し立てをしたのも、著作権侵害の警告を受けたのも、僕ということになっているようです。

自分の動画に著作権侵害の申し立てを自分でしてしまった(ことになっている)原因は?

結果的に、自分で自分の動画を著作権侵害申し立てして削除してしまったことになっているわけですが、申し立てをした記憶は一切ございません。
ただ、著作権侵害の警告を受けたタイミングを考えると、一点気になる事が。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

YouTube Studioの「著作権」機能で、20近くの動画を著作権侵害申し立てしました。パクられていたので。
が、直後にYoutube Copyrightと名乗る送り主からメールが送られてきました。

内容を確認すると、技術的なエラーが発生して著作権侵害の申し立てが失敗したようでして。
進めるためには、「削除したい動画のURL」と「元動画(自分の動画)のURL」を書いたメールを返信するように、とのこと。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

システムエラーはわかるのですが、なんでこんな手間が発生するのか……。
正直この時点で結構イライラ。数が多いのでね。

で、この後、さらにYoutube Copyrightから返信があり、動画を削除したよとのこと。
その直後に例のメール。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

「著作権侵害による削除通知があったため、次の動画を YouTube から削除しました。」との内容のメール。
今見直してみると、削除の申請者が僕になっていますね。

システムエラーによるメールでのやり取りがトリガーになったようですが、始まりは”システムエラー”なわけですし、本当に迷惑。
何がどうなって自分の動画を自分で著作権侵害申し立てしたことになったのか……。そもそも「自分の動画を自分で著作権侵害申し立てできちゃう」システムってどうなの?

著作権侵害の申し立てを撤回しても反応無し!異議申し立てをしても却下!90日待つしか無いのか…

はっきりとした原因はわかりませんでしたが、無駄に動画が削除されている状態は早急に改善したい。
そこで申し立ての撤回を試してみることに。

警告を受けた側とすれば、「撤回をリクエストする」のが筋ですが、申立人のメールアドレスは自分のメアド。
自分にメールを送っても当然ながら意味が無いので、異議申し立て通知を送信してみます。

https://support.google.com/youtube/answer/2807691

ここを参考にすると、copyright@youtube.com 宛てに著作権侵害の申し立て撤回を依頼するメールを送信する流れとのこと。
自分で要請した(ことになっている)著作権侵害による動画の削除を、自分で撤回依頼するこの謎。時間の無駄ですね。

著作権侵害の警告を受けた直後と、その1ヶ月後にメール送信してみましたが、反応すら無し。
どうなってんだよ、もう。

YouTube動画が著作権侵害で削除…え?申立人が自分!?

もう最終手段、異議申し立て通知の送信。
異議申し立てはすぐ返事がきましたよ。却下だそうです(笑)

異議申し立て通知をお送りいただきありがとうございます。申し訳ございませんが、異議申し立て通知を提出する正当な理由が確認できないため、このたびの申請を受理いたしかねます。

なんでだよ、おい。
「自分で自分の動画に対して著作権侵害申し立てなんてしない」ってのは正当な理由じゃないんかい。

しかも挙句に対処方法が下記。

著作権者に撤回を求めるか、そのまま違反警告の期限が切れるのを待ちます。

ここでいう著作権者は、申立人である僕。それなら、もう2回も撤回を依頼してます。
それでも反応が無いから異議申し立てをしたのに、なんなのこのループ。

もう選択肢は、「そのまま違反警告の期限が切れるのを待つ」しか無いじゃないですか。
警告が切れるまで90日……不服ですが、動画が削除されたまま待つことになってしまいますね。

納得いかないのが、動画が削除されたことだけでなく、下記の一文。

著作権侵害の警告を 3 回受けると、アカウントとそれに関連付けられているチャンネルが停止されます。

今回の件で警告が1回。
警告なんてそうそう受けないとは思いますが、今回のように理不尽に警告をまた受けたらと思うと……納得いかないですね。迷惑。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
アプリ

コメントを残す

*