Windows10の無償更新、今日(7/29)までですね

Windows10の無償更新、今日(7/29)までですね

Windows 7、8.1からのWindows10への無償更新の期限がいよいよ本日までとなった。
Windows 7、8.1ではタスクバーに居座っていた「Windows 10を入手する」といった表示は消えるだろうし、アップグレードを促す通知もなくなるだろう。アップグレードを考えていないユーザからすれば、ようやく邪魔な通知がなくなる、といったところなのだろうか。

Windows10への移行を急ぐMicrosoft

OSのアップグレードが無償で提供されるようになってきている。AppleのOSXやiOS、GoogleのAndroidなどが代表だろう。従来のようにOSを販売するよりもアプリケーションやサービスで収益をあげるビジネスモデルに変わってきているからだ。
Windows10への無償アップグレードも、期限付きとはいえ同様の理由ではないか。それゆえ、Microsoftはそのビジネスモデルを定着させるため、Windows10へのアップグレードを急いでいると考えられる。

無償更新をしないとどうなるのか

Windows 7、8.1のユーザにもすぐには大きな変化はないと思われる。ただし、XPのサポートが終了したときの騒ぎを考えると、サポート期限については注意を払っておいたほうが無難だろう。また、徐々に対応しないソフトやアプリケーションが増えていくことになる。
また、明日以降にアップグレードをしようとした場合、費用が発生することになる。Windows 10アップグレード版の価格は1万数千円からと、決して安価ではない。
「Windows10はこのPCで推奨される更新プログラムです。このPCは次の予定でアップグレードされます」という強制アップデートが始まり、多くのユーザから批難が殺到したWindows10のアップグレード問題。
無償更新の期限が終わることで、一旦収束するのだろうか。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ガジェット Windows

コメントを残す

*